いざ撮影!必要なものは何?

レンタル出来ない肌着、ヘアアクセサリーは用意すべし

スタジオで前撮りをする際、着物などはレンタルでも持参でも可能、さらに振袖以外にも、帯、バッグ、ぞうりと一式レンタルできるので、ほとんど個人で用意するものはないかに思われます。しかし、肌に身に着ける肌襦袢など、肌着類に関してはレンタルがないこともあるようです。肌襦袢を着ると着ないとでは、着物の仕上がりも違ってくるので、出来れば自身に合ったものを用意するがおすすめです。また、前撮りをする際もう一つ注意したいのが、ヘアアクセサリーです。スタジオで用意してあるヘアアクセサリーでは気に入らない、数が少なく選択肢がない、という声も聞かれます。自分がつけたいと思うものを事前に用意しておくことで、こういったトラブルを防ぐことができますよ。

普段使いのメイク道具やお直し用はあると便利

いざ前撮りの撮影が始まると、上半身、全身、髪型のアップなど色々な角度でプロカメラマンが撮影していきます。撮影時間は、平均的に1~2時間以上はかかるので、メイク直しに普段使っているメイク道具を用意しておくと便利です。前撮りは着物の着付け、メイク、ヘアメイクと全てプロの方におまかせして安心かと思いきや、意外にも着物にメイクが合っていなかった、なんか浮いている、と仕上がったときがっかりすることもあるのです。そのため、メイクをお願いするときは自分が普段使っているメイク道具も持参し、どんなファンデの色味を使っているのかもみてもらいましょう。チーク、リップも着物に合わせつつも、自分の肌に合ったものをチョイスすると、前撮りをベストに行うことができますよ。